【BBクリーム・CCクリーム】違いって何?特徴&使い方をチェック!

ベースメイク

ドラッグストアやバラエティショップなどでもよく見かけるBBクリームとCCクリーム。

もはやベースメイクアイテムの定番とも言えますが、そもそもBBクリームとCCクリームの違いって何だか知っていますか?

「ファンデとか下地のようなアイテム」という曖昧な状態で使っている方も多いかもしれません。

何となく使っているだけでは、せっかくのアイテムの効果が発揮できていないかも…

BBクリームとCCクリームは、似ているようで実は異なるベースメイクアイテム。

使い方や期待できる効果、さらには仕上がりもやや異なります。

BBクリームやCCクリームの効果を十分に活かすためには、まずは特徴を理解することが大切。

効果的な使い方も合わせてご紹介するので、しっかりとチェックしましょう!

仕上がりが変わる!~BBクリームとCCクリームの違い~

 

BBクリームとCCクリームの大きな違いは、何といってもその仕上がり

ざっくりと説明すると、BBクリームはカバー力高めCCクリームはナチュラルな仕上がりです。

どちらも化粧下地の役割を兼ね備えているベースメイクアイテムですが、それぞれが持つ他の機能に違いがあります。

  • BBクリーム…日焼け止め&ファンデーション
  • CCクリーム…色味補正

BBクリームはファンデの機能があるので、比較的しっかりとした仕上がり。

CCクリームにはファンデの機能はありませんが、素肌の色味を補正することで自然な仕上がりになるのです。

肌悩みを、BBクリームは「塗ってカバー」、CCクリームは「補正メイクでぼかす」というようなイメージになります。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう!

カバー重視の仕上がりを求めるなら「BBクリーム」

BBクリームの「BB」とは「Blemish Balm(ブレミッシュバーム=傷を修復する)」の略。

本来、ピーリング(角質ケア)後や手術後のデリケートな肌を保護し、赤みをカバーするための軟膏として処方されていましたが、最近ではベースメイクアイテムとして発売されるようになりました。

「傷を修復する」という意味からも分かるように、肌をしっかりとカバーしてくれます。

BBクリームの特徴

  • 化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、美容液などの機能を兼ね備えたオールインワンのメイクアイテム
  • 優れたカバー力
  • 1本でベースメイクOK!時短メイクが可能

カバー重視の仕上がりがお好みの方はもちろん、メイク道具を減らしたいという方にもオススメ!

ナチュラルな仕上がりを求めるなら「CCクリーム」

CCクリームの「CC」とは、「Color Control(カラーコントロール)」、「Care Control (ケアコントロール)」、「Color Condition (カラーコンディション)」などの略。

メーカーにより定義は若干異なりますが、色味補正をしてくれるアイテムです。

光のコントロール効果などでシミ、くすみ、しわといった肌悩みを補正すると言われています。

CCクリームの特徴

  • 化粧下地、肌色補正、美容液の機能を備える
  • ファンデとしての機能はないので、カバー力はやや低め
  • 肌色補正で自然な仕上がりになる
  • 厚塗り感がない

イエロー、ピンク、グリーン、ブルー、オレンジ、パープルなど、肌トラブルによって選べるコントロールカラーが豊富にあるのも魅力ですね。

 

BBクリーム・CCクリームの効果的な使い方は?

BBクリームとCCクリームはどちらも化粧下地の役割を兼ね備えているベースメイクアイテムなので、基本的な使い方は同じです。

両クリーム共通の手順を3ステップでご説明します!

両クリーム共通!【超かんたんな使い方~3STEP~】

STEP①保湿

まずは保湿が大事。

保湿を怠ると化粧崩れの原因にもなってしまうので、お肌はきちんと整えておきます。

STEP②使用量を手に取り、顔全体にクリームを伸ばす

パッケージに記載の使用量を手に取ります。

おでこ、両頬、鼻、顎の5点にクリームを置き、中心から外側(フェイスライン)に向かって伸ばしていく。

目や口のまわり、鼻などはヨレやすいので、薄く塗るように意識するのがポイント◎

毛穴、シミ、そばかすなどの気になる部分には、BBクリームを使う場合は部分的にクリームを重ね塗り、CCクリームを使う場合はコンシーラーなどで対処しましょう。

STEP③フェイスパウダーで仕上げ

肌がさらっとするまでしっかりとパウダーを乗せる。

パウダーを乗せるとクリームの密着度がアップするので、メイク持ちを良くし、崩れにくくなります。

好みの仕上がりで使い分けがGOOD!

今回はBBクリームとCCクリームの違いや使い方をご説明しました。

カバー重視やきちんとメイクにするのであればBBクリーム、ナチュラルに仕上げるのであればCCクリーム、というように肌悩みやその日の気分によって使い分けができるのも魅力。

それぞれの特徴を把握して、自分にぴったりのものを探してみてくださいね!