徹底比較!7種類のクレンジングタイプ【メリット&デメリット】

スキンケア

クレンジングはたくさんの種類がありますが、「実際のところ何がどう違うのか分からない」といった方も多いのではないでしょうか?

分からないからと言って、ただ単純に「メイクが落ちること」だけを目的に、クレンジングを選んでしまっていませんか?

肌に合わないクレンジングを使い続けると、シワ・くすみなどが増える可能性があります。
今すぐに肌に現れなくても数年後には汚肌になっているかも…

きれいな肌を目指したいのであれば、まずはクレンジングのタイプ別に特徴を知って、自分の肌質に合ったものを見極めることが重要。

今回は7種類のクレンジングタイプとそれぞれのメリット、デメリットについてご説明します。

どのタイプが自分に適しているのか、チェックしてみてくださいね。

クレンジングの肌ダメージ比較

クレンジングは種類によって肌への刺激、負担が異なります。

各商品によって成分の違いもあるため厳密とは言えませんが、一般的に肌への負担が大きいといわれているものから順番にご紹介します。

ダメージ大   →  →  →  →  →  →  →  小
シート> オイル > リキッド >ジェル>バーム>クリーム>ミルク

7種類のクレンジングタイプ

それでは、7種類のクレンジングをご紹介していきます。

メリットとデメリットも書いてあるので、ぜひ自分に合わせたクレンジングタイプを確認してみてくださいね。

時間がない時にオススメ!【シートタイプ】

一般的にクレンジングシート、メイク落としシート、化粧落としシートと呼ばれるものがシートタイプ。

洗い流し不要のタイプ洗い流しが必要なタイプがあります。

シートタイプのメリットとは?

  • 持ち運びに便利
  • 場所に縛られず、手軽に化粧落としができる
  • 拭くだけで簡単にメイクオフ

シートタイプのデメリットとは?

  • 肌を直接擦るのでダメージ大
  • 摩擦による刺激が黒ずみやくすみの原因にも…
  • 乾燥しやすいため、拭き取り後にしっかりとした保湿が必須
摩擦や乾燥を避けたい敏感肌乾燥肌の人はシートタイプの利用はなるべく控えた方が◎

普段使いではなく、時間がない時や旅行先などで使うお助け便利アイテムとしてオススメです。

圧倒的な洗浄力の【オイルタイプ】

オイルタイプのメリットとは?

  • 洗浄力が高い
  • ダントツのメイク落ち
  • 伸びが良く、メイクに馴染みやすい
  • 特に力を入れなくてもメイクが落ちるため摩擦が軽減できる

オイルタイプのデメリットとは?

  • 油分が多く、洗い残しがあると肌トラブルの原因に…
  • 肌ダメージが大きい
  • 乾燥しやすい
  • すすぐ前に乳化させる必要がある
乾燥肌の人はさらに乾燥が促進されてしまうため、オイルタイプは不向き。

濃いメイクの日やポイントリムーバーとして部分的なメイク落としに使うなど、使い分けをするのが良いでしょう。

さっぱりと使える【リキッドタイプ】

クレンジングリキッド、クレンジングウォーター、水クレンジングなどと言われているものがリキッドタイプ。

オイルインタイプオイルフリータイプがあり、

さらにそれぞれ拭き取りタイプ洗い流すタイプに分けられます。

リキッドタイプのメリットとは?

  • ベタつき、ヌルつきが少ない
  • さらさらとしたテクスチャーでさっぱりと軽い使用感
  • オイルフリータイプであれば、まつエクが落ちにくい

リキッドタイプのデメリットとは?

  • クレンジングオイルの次に洗浄力が高いため、過剰に皮脂を奪ってしまうことも…
  • 肌乾燥が進みやすい
  • 拭き取りタイプの場合、摩擦による肌ダメージがある
ニキビ肌脂性肌混合肌の人はベタつき、ヌルつきが少なく、さっぱりと使えるリキッドタイプが◎
余分に皮脂を取ってしまうこともあるリキッドタイプは乾燥肌敏感肌の人には不向き。
混合肌インナードライ肌の人はリキッドタイプの使用によって乾燥が進むと、余計に肌状態が悪化(ベタついたり、カサついたり)する場合もあるので注意が必要です。

オイルフリーならまつエク中でもOK!【ジェルタイプ】

ジェルタイプはオイルフリー水性ジェル、オイルイン水性ジェル、油性ジェルの3種類に分けられます。

ジェルタイプのメリットとは?

  • みずみずしい使い心地で、さっぱりとした洗い上がり
  • 弾力のあるテクスチャーで摩擦を抑えられる
  • オイルフリーであれば、まつエクが落ちにくい
  • 油性ジェルでもクレンジングオイルよりはヌルつきが軽い

ジェルタイプのデメリットとは?

  • 洗浄力がやや弱め
  • 濃いメイクやポイントメイクなどが残ってしまうことがある
ニキビ肌脂性肌の人はオイルフリー水性ジェルがオススメ。
オイルイン水性ジェルは少量でもオイルが含まれているため、まつエクの人は避けた方が無難。

保湿効果の期待大!【バームタイプ】

バームタイプのメリットとは?

  • 洗浄力はあるが、肌の負担になりにくい
  • 肌の温度で溶けて伸びが良い
  • 馴染みが良く、摩擦が軽減される
  • 乾燥しにくい

バームタイプのデメリットとは?

  • 肌の温度で溶かす“手間”がかかる
  • アイメイクなどを落としきれないことがある
乾燥肌の人は保湿効果も期待できるバームタイプが◎

保湿力バッチリ◎【クリームタイプ】

クレンジングクリームは洗い流すタイプ拭き取るタイプがあります。

クリームタイプのメリットとは?

  • クッション性のあるテクスチャーで摩擦が起きにくい
  • しっとりとした洗い上がり
  • 比較的刺激が軽めで、肌にやさしい
  • 保湿成分が多い

クリームタイプのデメリットとは?

  • 洗浄力が弱い
  • しっかりメイクの場合、ダブルクレンジングやポイントリムーバーとの併用が必要になることもある
  • あまりメイク馴染みが良くなく、クレンジングに時間がかかる
  • 拭き取りタイプの場合、コットンなどで肌を擦ってダメージになる
保湿力のあるクリームタイプは乾燥肌敏感肌の人におすすめ。

季節の変わり目など乾燥が気になる時期はクリームタイプを使うと良いでしょう。

どの肌質の人でも使いやすい【ミルクタイプ】

ミルクタイプのメリットとは?

  • しっとりとした洗い上がり
  • 乾燥しにくい
  • なめらかなテクスチャーで肌への摩擦が少ない

ミルクタイプのデリットとは?

  • 洗浄力が低い
  • しっかりメイクの場合はポイントメイクリムーバーとの併用が必要になることもある
  • あまりメイク馴染みが良くなく、クレンジングに時間がかかる
  • すすぐ前に再乳化させる必要がある
刺激の少ないミルクタイプは乾燥肌敏感肌の人に特にオススメ◎

ミルクタイプはどの肌質の人も比較的使いやすいため、日常使いに向いています。

【番外編】濃いメイクも簡単オフ!ポイントメイクリムーバー

ポイントメイクリムーバーは部分的に使うアイテムなので番外編としてご紹介します。

ポイントメイクリムーバーは普通のメイク落としでは落ちにくいとされるアイメイクやリップメイクなどを比較的簡単にメイクオフしてくれるアイテム

ポイントメイクリムーバーの中でも、アイメイク専用のアイメイクリムーバー、マスカラ専用のマスカラリムーバーなど、用途に合わせて特化したアイテムもあります。

通常のクレンジング前にポイントメイクリムーバーで目元や口元をメイクオフすればOKです。

使い分けが面倒だからと言って、ポイントメイクリムーバーのみで顔全体のクレンジングを済ませるのは禁物。

肌荒れなどの原因になりかねないので、しっかりと使い方は守ってくださいね。

まとめ:自分に合うクレンジングで美肌へ!

今回は7種類のクレンジングのメリット、デメリットをご紹介しました。

肌状態やメイクの濃さ、季節など、いつも同じクレンジングで済ませるわけにはいかないものです。

その都度必要なお手入れの方法に合わせて、複数の種類を使い分けるのも一つの手。

普段からの積み重ねで丁寧に続けていくことが美肌への最大の近道です。

ぜひ参考にしていただき、自分にぴったりのクレンジングを探してみてくださいね。