自分の肌質を知っていますか?肌タイプの種類とケア方法

スキンケア

「自分の肌質がどのタイプに当てはまるのか分からない」と感じたことはありませんか?

肌タイプを正しく理解できていないと、自分に合うスキンケアアイテムも把握できません。

合わないものを使い続けていると、肌トラブルの原因になります。

きれいなお肌を目指すのであれば、まずは肌質を把握して、その肌質にはどのようなケアが合うのかを知ることが重要。

そこで今回は、どのような肌タイプがあるのか、そして肌質別のケア方法についてお伝えしていきます!

自分の肌質を知って、正しいケア方法をマスターしましょう!

どれに当てはまる?~4種類の肌タイプ~

肌質は皮脂と水分量でタイプを分けると、

①普通肌、②脂性肌、③乾燥肌、④混合肌(脂性乾燥肌)の4種類あります。

それぞれどういう肌状態なのか、特徴などをお伝えしていきます。

自分の肌をじっくりと見る機会はなかなか無いですが、 この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

自分の肌質を正しく知っておくと、スキンケアに活かすことができます。どの肌タイプに当てはまるのかを確認しておきましょう!

最も理想的と言われる【普通肌】

脂っぽくテカっておらず、特に乾燥していない状態であれば普通肌です。

水分と油分のバランスがきちんと保てている健康的な肌のことですね。

肌に透明感があり、みずみずしく、毛穴が目立つわけでもないので、肌トラブルが少ないのが特徴。

肌のキメが細かく、潤いのある最も理想的な肌の状態と言われています。

肌のテカリが気になる【脂性肌】

脂性肌とは、肌が皮脂で脂っぽくなり、ベタついている状態のことです。

特に、おでこと鼻を繋いだTゾーンは皮脂の分泌が多いため、ベタつきやすい傾向があります。

皮脂が過剰に分泌することで、肌がテカってしまったり、化粧が崩れやすかったり、皮脂が毛穴に詰まって毛穴が黒ずんだり、ニキビができたり…

これらは脂性肌の特徴的な症状です。

カサカサしがちな【乾燥肌】

時期に関係なく、肌が全体的に乾燥していて、カサカサしている状態であれば乾燥肌です。

皮脂の分泌が少ないため、肌表面の水分が蒸発しやすくなります。

その結果、肌の皮脂と水分の両方が足りず、カサカサしてしまうんです。

乾燥で肌にハリがないので、しわやたるみができやすく、肌に白い粉が吹いた様な状態になりやすいことが特徴。

また、肌が赤くなったり、かゆみが出ることもあります。

乾燥肌が悪化すると、角質がどんどん剥がれて皮膚のバリア機能が弱くなり、敏感肌になります。敏感肌は乾燥肌がさらに悪化し、外部からのあらゆる刺激に敏感になってしまった状態です。

テカリも乾燥もあるなら【混合肌(脂性乾燥肌)】

混合肌とは、同じ顔の中に脂性肌と乾燥肌の両方が存在している状態のことを言います。

たとえば、Tゾーンは皮脂でテカっているけれど、頬やフェイスラインなどはカサついている…というように、脂性肌と乾燥肌がミックスされた状態のことですね。

脂性乾燥肌とも言われます。

季節によって肌質が変化することも…

もっと簡単に肌質チェックをしたい!そんな方には…

ここまで肌質別に特徴などをお伝えしてきましたが、実はもう少し簡単に肌タイプを確認できる方法があります。

それは、ティッシュ1枚でチェックする方法です。

有名な方法になるので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、中には「え、何それ!知りたい!」という方もいらっしゃるかもしれないので…お伝えしていきたいと思います!

 

SETP1

夜の洗顔後、わざと何もつけずにそのまま寝ます。

化粧水も、乳液も、美容液も何もつけません。

肌のつっぱりが気になるでしょうが、気にせず、いったん寝ます。

SETP2

6時間程度の睡眠を取り、起床。

ここの寝起き直後が大切です。

SETP3

1枚のティッシュを用意。

2枚重ねのティッシュであれば、1枚ずつに分けましょう。

SETP4

ティッシュを顔に押し付けます。

そのティッシュがどうなるかで判断します。

 

ティッシュが…

下を向いたときに落ちるのであれば普通肌

下を向いても落ちなければ脂性肌

正面を向いたままでも落ちてしまえば乾燥肌

 

以上が最もシンプルに肌質を確かめる方法です。

肌質別のスキンケア方法とは?

自分の肌タイプの確認ができたら、肌質別のケア方法をチェックしましょう。

肌質により最適なスキンケアは異なります。

自分の肌質に合わせて適切なケアができれば、今の肌質を改善できる可能性も…!

肌トラブルが少ない普通肌を目指しましょう!

基本的なケアでOK!【普通肌】

水分と油分のバランスがベストな状態なので、基本的なスキンケアで十分です。

しかし、環境や季節の影響を受けやすく、時期により肌状態が変化しやすい肌質でもあります。

たとえば、夏はTゾーンのベタつきやテカリ、冬は頬のつっぱり感や乾燥などを感じやすくなる方が多いです。

普通肌のケア方法のポイントは、季節に合わせて、化粧水やクリームなどを調整し、スキンケアを変えていくこと。

さっぱりとした使用感を好まれる方が多い肌質ですが、肌を守るために潤いをしっかり補給してくれるスキンケアがオススメ

特に冬の時期は潤いをしっかり補給してあげましょう。

洗い過ぎには要注意【脂性肌】

過剰な皮脂はニキビや肌トラブルの原因になるため、余分な皮脂は洗顔で正しく取り除くことが大切。

ですが、皮脂を気にして洗いすぎるのはNG。

必要な皮脂まで洗い流してしまうと、皮脂を補おうとして余計に分泌量が増えてしまうんです。

「洗顔回数は1日2回まで」が鉄則。

また、洗顔料を泡立てて優しく洗うようにすると、皮脂はしっかり落としつつも、肌に負担をかけずに済むので、肌を健康な状態に近づけることができます。

脂っぽさが目立つときは水分などの潤いだけをしっかりと与え、クリームなどの油分は控えるのも一つの手です。

保湿が大事【乾燥肌】

乾燥を防ぐため、水分と油分の両方を与え、保湿力とバリア機能を高める必要があります。

洗顔後、すぐに化粧水でしっかりと水分を補給します。

一度に化粧水をつけるのではなく、回数を分けて、じっくり浸透させることが重要。

次に乳液で適度な油分を与え、最後に保湿クリームでしっかりと蓋をして、水分を逃がさないように閉じ込めます。

クレンジングや洗顔は肌に優しいタイプ、スキンケアはしっとりとした保湿力が高いタイプのものを選びましょう。

日中、メイクの上からでも潤いを補給できるアイテムもあるので、乾燥を感じたら、その都度潤いを補給するのもオススメ!

肌表面だけでなく、身体の内部が水分不足の場合も乾燥しやすくなるので、エアコン等の冷暖房器具の近くにいる場合は特に水分補給をこまめにするように心がけましょう。

最も手こずる【混合肌(脂性乾燥肌)】

4つの肌タイプの中で、最もスキンケアで手を焼くとも言われる混合肌。

脂っぽい部分は皮脂を取り除きつつ、乾燥している部分は油分と水分をこまめに与える必要があり、手間がかかります。

混合肌とは言え、基本的には肌が乾燥していると考えてOK。

角質層が乾燥して、肌のバリア機能が低下すると、フェイスラインは乾燥するようになってしまいます。
Tゾーンはバリア機能が低下していることを補うために、皮脂を分泌して、肌を外部の刺激から守っているんです。

そのため、混合肌の人は乾燥肌のスキンケア方法を実践すると良いでしょう。

乾燥を防ぐため、水分と油分の両方を与え、まずは保湿力とバリア機能を高めることですね。

また、混合肌は肌のバリア機能が弱くなっていることが原因なので、肌の保湿成分であるセラミドなどが入った化粧水や乳液を使うと良いとされています。

乳液を使う時は、Tゾーンは薄く、フェイスラインはしっかりつけるように意識しましょう。

まとめ:肌質に合った正しいスキンケアを!

今回は4種類の肌タイプとそのスキンケア方法をお伝えしました。

自分の肌質がどれに当てはまるのか分かりましたか?

肌トラブルが少ない健康的な肌になるためには、まずは自分の肌質を把握することが大切。

肌質を確認することで、必要なケアを把握しやすくなったり、スキンケアアイテムも自分で選びやすくなります。

憧れの普通肌になるためにも、肌質に合ったスキンケアをぜひ実践してみてくださいね!